ホーム »患者図書室

患者図書室

おこさんの病気のこと、障害のこと、治療や検査、薬のことなど、 担当医からの説明をもっとよく理解したい時に参考になる書籍が用意されていますのでご利用下さい。患者会の会報や出版物も閲覧できます。 また、おこさん自身が病気を理解できるる本や児童書もあります。さらに、学習机が3台ありますので診察待ち時間を活用して学習にもご利用いただけます。

図書室 図書室

患者図書室 5月お薦め

book59.jpg

図書名: ふしぎだね 身体障害のおともだち

著者 : 日原 信彦(監修)

出版社: ミネルヴァ書房

身体障害のおともだちの文化を理解し、助け合い、協力する気持ちを育てる。
【ここがポイント!!】
◎ 障害を理解するための「最初の一歩」
◎ よくある事例がイラストでわかる
◎ 困っていることへの工夫を紹介
◎ ふりがな付きで小学生から読める
◎ 親子で、先生と生徒で一緒に読みながら考えられる

(出版元のサイト:ミネルヴァ書房 ふしぎだね 身体障害のおともだち


患者図書室推薦図書一覧バックナンバー

ご利用にあたって

開館時間:

午前11:00~午後2:00(月・水・金)

場所:

新館1Fの周産期棟へ向かう手前に患者図書室があります。

閲覧:

ご自由に資料を探してください。
* 小児科を中心に、一般医学関連、闘病記、患者の会会報、福祉関係資料リスト
* 児童書もあります。おこさんとご一緒に読書もできます。
* 学習や宿題をする時にもご利用ください。

貸し出し:

* 1か月に1回以上通院される患者さんのみ外への貸し出しいたします。
* 1回の貸し出しで、5冊までご利用可能です。
* それ以外の患者さんは、1日貸し出しになり、本は、センター内のみの御利用になります。   外への持ち出しはできません。   詳しくは、図書ボランティにお尋ねください。

インターネット:

端末2台で医療情報をお調べいただけます。資料は一枚10円で印刷できます。
(利用は医療情報に限ります。)

患者図書室ボランティア:

図書の御案内、医療情報の検索、閲覧のお手伝い等いたします。
どうぞ、お気軽にお声をかけてください。

注記:この図書室で提供している本や、インターネット医療情報は、決して特定の治療法を推薦しているものではありません。図書室の本や情報は、貴方と担当の医師が良い話し合いをしていただく材料としてご利用下さい。